闇金の相談

北区の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

北区の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

北区の闇金の相談でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

なにかしらの基準や条件を設けることなしにお金をおろせるようになるカードローンもあるのですが、こうした契約を信用することは命取りです。まともな金融業者なら、もれなく審査が伴います。「審査なし」をうたっているとすれば規律違反の業者かもしれません。お金を借りてしまったら、予想だにしない事態が起こりえます。他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。利用者本人が必ず自己名義で契約を行わなくてはなりません。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、妻自身の名義で契約を行うことになります。本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。仮に生計を一にする家族である場合にも、本人以外の名義を使ってその行為を容認していた場合、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。

現在、借りている業者よりも低金利の業者に借り換えるというのは、オススメの手段です。それに、複数の借入先があるのなら、積極的に借り換えを行ってください。実際問題、一本化すれば、返す先が一つに限定されるので、返済管理がとても簡単になり、借り入れの金額が多くなることでこれまでよりも金利が低くなることも考えられます。ご存知の方が多いと思いますが、カードローンは借りる金額や期間に対して金利が設定されています。具体的な金利は業者毎に違ってきますが、多くの場合、融資額が大きければ金利も下がる傾向にあります。消費者金融系のカードローンだとよく5%から18%といった金利を見かけますが、融資額が少額だと、設定されている金利の上限での契約がほとんどでしょう。それから、カードローンの金利は一日ごとの日割りで計算されています。

家庭にいる奥様が、カードを使い金融機関からお金を借りる際には、申込者に安定した仕事があるかが大切な要素になりますが、収入がゼロの人でも、配偶者の所得から借り入れを申し込むことができます。こういうケースのことを配偶者貸付と一般にいい、銀行などの金融機関が扱うカードローンも、このやり方を使い、契約を取り交わすことができる場合が数多くあります。この配偶者頼みの貸付制度はほとんど利用できないみたいです。手軽に借り入れができるのが快適ですが、支払日を一日であっても過ぎてしまえば、遅れた期間の日数分に対してこの延滞金の年利は最大で20%です。かつ、この遅延期間にも日割りで金利が生ずるので、長期にわたって遅延が続くようなら、みるみるうちに支払金が増えていくのです。どうしても遅延してしまったら早急に支払えるよう努めましょう。ローン契約をする際の審査では、記入した勤務先に在籍確認という実際にそこに勤務しているのか調べられます。在籍確認はそこの業者が電話で行いますが、電話の際に勤務先にいその場に自分が居合わせなかったとしても、間違いなく在籍していると確認さえできれば在籍確認は認められます。

何社までなら利用しても良いという決まりが金融機関やカードローン会社に存在する訳ではないといえます。ただ、複数の会社を利用するとしても、最大で三社くらいです。それ以上になると、いかなる状態、たとえば申込の段階での返済状態などに関わらず、借入を拒否されます。他社に返済しようとして、新たに借入を行うことが多々あるからです。配偶者の収入により主婦が借入を安心して行えるような、契約を秘密裏に進められる方法が存在するのです。配偶者の同意書を提出しなくていい銀行を選ぶ、この一択です。提出を求められる銀行と不要だとする銀行とが存在します。配偶者の同意書不要とする銀行で契約をしましょう。

闇金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼

このページの先頭へ